トニックとドミナント

たとえば、CのコードはキーがCのとき、
主和音、またはトニックといいます。

つまり、Cのスケールの主音、Cをルートとするコードが
トニックということです。

また同じCのスケールの5度の音(G)をルートとするメジャーコードを
属和音、ドミナントコードといいます。

そして、この二つのコードには決まりごとがあって、
トニックは、すべてのコードに進行できます。

ドミナントはトニックへ進行します。
そして、このコード進行、ドミナントからトニックへ
コードが進行することを解決といいます。

そして、ドミナントコードは必ず、♭7度の音を含みます。
つまり、CのキーではG7のコードになります。
7度の音は、長7度ではなく短7度、
C(ハ長調)のキーの場合はソシレファのファの音になります。

D(ニ長調)のキーの場合ドミナントコードは
Dから5度のコードA7で、7th、短7度の音はGになります。

そして、ドミナントコードの3度と♭7の音を導音、
リーディングトーンと呼んでいます。
これはマイナーキーの場合も同様です。
G7からCmに移動するコード進行です。

このコード進行はギターを弾く場合も頻繁に出てきます。