ダイアトニック

CのキーでG7からCのコード、トニックに進行することを
解決するといいますが、このコード進行を4度進行といいます。

Gから数えて、Cが4度にあたるので、こういいます。
これは、コード進行上で非常に大切なことです。

そして、このコード進行がたくさん集まって、曲を構成しています。
このコード進行をつなげていくと

C→F→B♭→E♭→A♭→D♭→G♭→B→E→A→D→G→C

となって、Cから始まってCに終わります。
つまりこれをつなげると円になります。

これを覚えておくととても便利です。
コード進行は、これを基に動いているといってもいいくらいです。

これを見ると、たとえばFのコードの矢印の方向のコードB♭は
下属和音、サブドミナントで、左のコードCがドミナントになります。

これは隣り合うどのコードを見てもこの関係が成り立ちます。
ですから、これを覚えておけば、どのキーでどのコード進行になるか
ある程度、予想が出来ます。

それから、代理コードというものがあります。
これを説明するには、まず、ダイアトニックコードについてお話します。

Cのキーで説明すると、音階はCから始まって、
CDEFGABとなりますが、これにそれぞれ3度上の音階上の音を
4個重ねていきます。

そうすると、Cの上に、EGBと重ねられます。
そうです、これはCmaj7のコードになります。
次にDの上にFACでDm7です。

こうやって、E、F、G、A、Bと同じように重ねると、
コードネームがEm7、FM7、G7、Am7、Bm7−5となります。
これが、ダイアトニックコードです。