代理コード

ダイアトニックコードはお分かりいただけたでしょうか?
これは、どのキーに対しても、
 TM7、Um7、Vm7、WM7、X7、Ym7、Zm7-5、
となります。

そして、TM7がトニックコード、WM7がサブドミナントコード、
X7がドミナントコードとなるのはもうお分かりだと思います。

そして、代理コードについてですが、
このダイアトニックのYm7のコードが、
トニックの代理コードです。

ギターで押さえてみるとわかると思いますが、
たとえば、CM7とAm7がこの関係ですが、
押さえる場所が似ているとは思いませんか?

CM7のコードは、CEGBになりますが、
Am7はACEGになるので、構成音が似ています。

あとは、Vm7、CのキーではEm7です。
これもトニックの代理コードです。

次に、サブドミナントの代理コードというと、
2m7です。これもCでいうと、Dm7ということになります。
そして、Zm7-5もサブドミナントの代理コードですが、
こちらは、サブドミナントマイナー扱いになります。

一応、全部ギターで押さえてみてください。
押さえたほうが、代理コードがよくわかると思います。