コードの種類

ギターのコードといえば、CとかFとかG7とか
要するに和音のことですが、

ギターの構造上、ある程度基本のかたちを覚えれば
それをずらしていけば、ほとんどのコードが押さえられるようになるので
とても便利です。

つまり、Fのフォームを覚えれば、2個フレットを移動すればG、
また2個移動すれば、A、という具合なので
とても簡単ですね。

ギターが誰にでも愛されるのはそんな弾きやすさ
というところにもあるのかもしれません。

まずギターのコードを覚えようと思えば、
根音がド、つまりCのキーから始めるのが
簡単で、覚えやすくしかも押さえやすいようです。

ギターのコードは、たとえばCなら、Cの音
ドが基本の音、つまり根音になります。

この上に3度づつ、音を重ねていくわけです。
Cの次は、3度上のEです。そしてまた3度上のGをのせます。
つまり、C、E、G、の3個の音を同時に弾くと
これが、Cのコードになります。

CとEの間が、長3度になるか短3度になるかで
Cのコードになるか、Cmのコードになるか決まります。

こうやって、コードの仕組みを覚えれば、
ギター上で、実際にコードフォームを知らなくても
コードを押さえられるようになります。

もちろんコードにはsus4とかaugmentとかdiminished
など特殊なコードはありますが、
基本は、3度づつ重ねていくことで出来るので、
ギターを弾くなら、これは覚えておいたほうがよいです。

トライアド

ギターのコードの用途は、歌の伴奏用とか
バンドのリズムギターのためとか思いがちですが、

実は、インプロビゼーション、つまりアドリブにも
ひじょうにかかわってきます。

たとえば、ジャズなどはスコアにコードネームしか書いてありません。
そのコードネームでスケールを考えて
ギターのアドリブをします。

つまりギターのコードネームだけで、メロディーを作っていきます。
極端に言えば、コードネームだけで曲が出来上がっていきます。

ということは、コードの仕組みさえわかれば
作曲も編曲も出来るということです。

それに、コードは全部並べると大変な数になるのですが、
基本からいえば、そんなにたくさんはありません。

学校の音楽の授業でも習ったように
コードとは和声、和音のことですので、
それがわかっていれば、まったく難しいことはありません。

たとえば、ハ長調のドミソはコードネームで言うと
Cになりますし、レファラはD、ミソ# シはE、
という具合にとても簡単です。

これは、所謂、長3和音で、メジャートライアドといいます。
先ほどの、Cのドミソのミがフラットすれば、
短3和音、マイナートライアドになります。

そして、このマイナートライアドのソの音がフラットすると
減3和音、ディミニッシュトライアド、
メジャートライアドのソの音がシャープすると
増3和音、オーグメントトライアドといいます。

そして、すべてのコードの基本はこの形になります。
これは憶えておいてください。

サンバとジャズ

中学生のころ、私はクラシックギターを習っていました。
クラシックギターのレッスンの中にはコードは出てきませんでした。

実際はクラシックギターでもコードを押さえながらメロディーを
弾くのですから、ほかのギターと変わらないのですが、
クラシックでは、あまりコードという呼び方は使わないようです。

ただ、私が習っていたのは大昔ですから、今は
どうなっているかはわかりませんが、
コードの種類などは教えてもらえませんでした。

ですから、コードを本格的に勉強し始めたのは
ボサノヴァギターを初めて聞いて、
このギターを弾いてみたいと思ったときからです。

ご存知のように、ボサノヴァはサンバとジャズが結びついて
できた、最初はアントニオ・カルロス・ジョビンが創めた
比較的新しい音楽ジャンルです。

サンバのあの独特のリズムと、ジャズのコード進行や
要素を取り入れた、とてもさわやかな、
渡辺貞夫なども、よく好んで取り入れていた音楽です。

ジャズというと、難しそうに聞こえますが、
コードの使い方が、ほかのジャンルに較べて、
少しだけ複雑なだけで、そんなに難しい音楽ではありません。

コード進行を覚えていれば、それにあわせて、
自由にメロディーをその場で作っていけるので
とても楽しい音楽だと思います。

もともと、音楽は楽譜もなく、みんなが集まって
楽しく即興で演奏していたものですから。

トニックとドミナント

たとえば、CのコードはキーがCのとき、
主和音、またはトニックといいます。

つまり、Cのスケールの主音、Cをルートとするコードが
トニックということです。

また同じCのスケールの5度の音(G)をルートとするメジャーコードを
属和音、ドミナントコードといいます。

そして、この二つのコードには決まりごとがあって、
トニックは、すべてのコードに進行できます。

ドミナントはトニックへ進行します。
そして、このコード進行、ドミナントからトニックへ
コードが進行することを解決といいます。

そして、ドミナントコードは必ず、♭7度の音を含みます。
つまり、CのキーではG7のコードになります。
7度の音は、長7度ではなく短7度、
C(ハ長調)のキーの場合はソシレファのファの音になります。

D(ニ長調)のキーの場合ドミナントコードは
Dから5度のコードA7で、7th、短7度の音はGになります。

そして、ドミナントコードの3度と♭7の音を導音、
リーディングトーンと呼んでいます。
これはマイナーキーの場合も同様です。
G7からCmに移動するコード進行です。

このコード進行はギターを弾く場合も頻繁に出てきます。

ダイアトニック

CのキーでG7からCのコード、トニックに進行することを
解決するといいますが、このコード進行を4度進行といいます。

Gから数えて、Cが4度にあたるので、こういいます。
これは、コード進行上で非常に大切なことです。

そして、このコード進行がたくさん集まって、曲を構成しています。
このコード進行をつなげていくと

C→F→B♭→E♭→A♭→D♭→G♭→B→E→A→D→G→C

となって、Cから始まってCに終わります。
つまりこれをつなげると円になります。

これを覚えておくととても便利です。
コード進行は、これを基に動いているといってもいいくらいです。

これを見ると、たとえばFのコードの矢印の方向のコードB♭は
下属和音、サブドミナントで、左のコードCがドミナントになります。

これは隣り合うどのコードを見てもこの関係が成り立ちます。
ですから、これを覚えておけば、どのキーでどのコード進行になるか
ある程度、予想が出来ます。

それから、代理コードというものがあります。
これを説明するには、まず、ダイアトニックコードについてお話します。

Cのキーで説明すると、音階はCから始まって、
CDEFGABとなりますが、これにそれぞれ3度上の音階上の音を
4個重ねていきます。

そうすると、Cの上に、EGBと重ねられます。
そうです、これはCmaj7のコードになります。
次にDの上にFACでDm7です。

こうやって、E、F、G、A、Bと同じように重ねると、
コードネームがEm7、FM7、G7、Am7、Bm7−5となります。
これが、ダイアトニックコードです。

代理コード

ダイアトニックコードはお分かりいただけたでしょうか?
これは、どのキーに対しても、
 TM7、Um7、Vm7、WM7、X7、Ym7、Zm7-5、
となります。

そして、TM7がトニックコード、WM7がサブドミナントコード、
X7がドミナントコードとなるのはもうお分かりだと思います。

そして、代理コードについてですが、
このダイアトニックのYm7のコードが、
トニックの代理コードです。

ギターで押さえてみるとわかると思いますが、
たとえば、CM7とAm7がこの関係ですが、
押さえる場所が似ているとは思いませんか?

CM7のコードは、CEGBになりますが、
Am7はACEGになるので、構成音が似ています。

あとは、Vm7、CのキーではEm7です。
これもトニックの代理コードです。

次に、サブドミナントの代理コードというと、
2m7です。これもCでいうと、Dm7ということになります。
そして、Zm7-5もサブドミナントの代理コードですが、
こちらは、サブドミナントマイナー扱いになります。

一応、全部ギターで押さえてみてください。
押さえたほうが、代理コードがよくわかると思います。