ツーファイブカテゴリの記事一覧

ツーファイブの基礎

ギターのコードについて勉強していると、必ず出てくるのがツーファイブという言葉です。
ツーファイブは2と5、つまり2度と5度のことです。

具体的に言えば、Um7とX7のことですが、曲を作ったり演奏したりするときに
一番出てくるのがこのツーファイブといってもよいくらいよくでてきます。

Um7はWM、つまりサブドミナントの代理コードでW→X→Tのコード進行が変化したものです。
CのキーでいえばDm7→G7、FならGm7→C7、GのキーはAm7→D7→Gになり、
必ずキーのTに戻ります。Um7→X7→TM7(又はT6)となります。

ギターコードの進行の中では基本中の基本ですのでこれは覚えておくと便利です。
ロックギターにしてもジャズギターにしてもインプロビゼーションのときには
ツーファイブのフレーズを自分でいろいろ考えて持っておくといざというとき役に立ちます。

ここまではメジャーキーについてでしたが、マイナーキーも同じようになります。
ただ、Um7がマイナーキーの場合、Um7♭5になりドミナントXは同じです。

Cmの場合Cm7→Dm7♭5→G7、FmのキーならGm7♭5→C7→Fm7となって、
Um7♭5→X5→Tmでツーファイブとなります。

とにかく一度ギターで実際に弾いてみると心地よい響きが分かると思います。
ギターコードは耳で聞いて覚えるのが良いでしょう。