ギターコード主要三和音カテゴリの記事一覧

トニックコード

コードつまり和音にはそれぞれ特性があります。
トニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコード、これを主要三和音といいます。
Cがキーの時にC→F→G7→Cと循環するギターの初心者がまず覚えるスリーコードです。

トニックは主音、トニックコードは主和音のことです。
コードを作る場合、主音が根音になるのでCを主音にする場合、

3度のE、5度のGを乗っけてトライアド、三和音が完成するわけです。
これがトニックコードになります。
大概の場合、これに長6度または長7度を乗せて使うのが普通です。

ギターコードの中でも特によく使うメジャーシックス、メジャーセブンのこコードのとです。
このトニックコードは一番安定したコードで、必ずトニックコードに最後に帰ってくることになっています。

ひとつの曲はトニックコードで始まって、最後はトニックコードに帰ってくるということです。
ギターでよくトニックコードで使うのはシックスナイン、add9、メジャーナインなどです。

その他のテンションノートはシャープ11、11thはAVOIDノートですので普通は使いません。
♭7はドミナント7になるので性格が変わってきます。

トニックコードはこのようにとても重要です。